ペットを飼ったらペット保険に入ると安心

ペット保険、というものが最近よく聞かれる言葉になって来ました。
内容的には、人間の医療保険と同じように、ペットが病気やけがをして動物病院にかかった時に、その治療費を負担してくれる保険のことです。

たかがペットで保険なんて、と思う人もいるかもしれませんが、そう思っていると、いざペットを動物病院に連れて行った時に、人間の医療費に比べて、その医療費の高さに驚いてしまうのです。
なぜなら人間の場合には、全員基本的に健康保険に入っていますので、診療を受けたときに費用は3割で、国が7割を負担してくれています。これがインプラントなどの自由診療で10割を自分で負担した場合、その高さに驚きますが、ペットの時も同じなのです。

この負担額を小さくしようというのは、ペット保険です。月々数千円の保険料で、医療費を負担してくれるわけですが、ペットの医療費はちょっとしたものでも、数万円がすぐに飛んでいきますので、月々数千円の負担ですめば、ほとんどの場合、お得になります。

特にペットを自分の家族のようにかわいがっている場合は、何らかの病気やけがをした時に何としても治してあげたいと思いますので、自然と医療費も高くなります。
そういう時に備えてペット保険に入っておくほうが、トータルすると負担は少なくて済むのです。